評判の良いエムスリーで仕事探し|希望条件に合う職場を発見

障害者雇用を理解する

JOBS

障害者雇用の形態と最低賃金

障害者雇用には、一般企業の募集している障害者雇用求人と、就労継続支援事業での障害者雇用があります。「障害者の雇用の促進等に関する法律」では、一定以上の規模の企業は、「常時雇用している労働者数」の2%以上の障害者を雇用するか、納付金を納めなければならないと定められています。この法律により、一般企業でも障害者を雇用する金銭的なメリットが増します。一般企業で募集している障害者雇用では、最低賃金が保証されています。就労継続支援事業には、A型事業所とB型事業所があります。A型事業所では、一般企業で働くことは困難であることを条件に、障害者と雇用契約を結んで就労の機会を提供しています。こちらも最低賃金の保証があります。B型事業所では、雇用契約を結ぶことも困難である人向けに、雇用契約を結ばずに障害者の就労能力の向上のための支援を行なっています。こちらは最低賃金の保証はありません。

障害者雇用の知っておきたい歴史

障害者雇用は現在では普及されているものですが、過去には障害者が働く事が出来る環境が整っていませんでした。障害者雇用の環境が整備されるまでは、障害者にとって働く場所がありませんでした。企業も優秀な人材が欲しいため、ハンデキャップを負っている障害者の方を雇用する余裕がありませんでした。現在では、福祉に力を入れる政治になっているため、障害者雇用の制度が設立され、障害者の方が働く事が出来る場所が増加しています。企業も、従来とは違い、障害者の方を雇用する事によって国からの補助金を受け取る事が出来ますので、雇用する余裕も生まれました。障害者雇用の制度が設立される前には障害者の方は働く場所はありませんでしたが、現在では雇用を促進する政治となっています。